札幌の美味しいと好評のお店を紹介!


どこに行こうか迷う

札幌市内には、美味しいものを味わえるお店がたくさんあります。和食から洋食、フランス料理にイタリアン、ラーメンからスープカレー、etc…など、いろんなジャンルのお店がありますが、数が多すぎてどこへ行こうか迷ってしまいますよね。

まず、どのジャンルの料理を食べたいか決めましょう。そして、どのジャンルの料理を食べるか決まったら、次に、どのエリアに行くか決めます。エリアが決まったらネットなどで口コミ情報を集めて、お店を決めるとほとんど間違いないでしょう。


どんどんできる食の名所

年々札幌では新たな食の名所が増えていってます。古くは、すすきのの「ラーメン横丁」から始まり、狸小路の「めんこい通り」、現在ではスープカレーのお店が6店舗入っている「札幌スープカレー横丁」などがありますが、ここでは札幌市を南北に流れる創成川の東側の「創成川イースト」と呼ばれるエリアの3つの横丁をご紹介してみましょう。

まずは、上記にも書いてあります「札幌スープカレー横丁」です。こちらは2008年4月にオープンした国内初のスープカレー専門店が集まった横丁で、テナントスペースが6件のところに対し、100件以上の問い合わせがあったというほど話題の場所です。スープカレーの情報発信基地としても期待され、札幌初のスープカレー文化をより広げていってくれることでしょう。

次にご紹介するのは、各店舗に個性豊かな暖簾がかかり、道産食材を中心とした料理を提供してくれる「のれん横丁」です。こちらは、築40年ほどの建物の1~2階を利用し、2007年2月にオープンした15店舗の飲食店が軒を連ねる横丁で、串焼きのお店からホルモン焼き店、さらには座席が4席の小さなバーまでさまざまなジャンルが揃っている。深夜まで営業しているので、うまく利用しよう。

最後に、倉庫を改装して作られたビルに10数店舗が集まっている「M's二条横丁」をご紹介しよう。こちらは観光客でにぎわう二条市場の道路を挟んだ北側にできたスタイリッシュな横丁で、2フロアに分かれる横丁内にはフレンチレストランをはじめ、スープカレー店、たこ焼き屋、スポーツバーなどのお店が入っている。どのお店も独特な雰囲気を持っており、一度足を踏み入れたらハマってしまうかも!?是非、全店制覇してみよう!

ほかにもたくさんの食のエリアがあるので、時間があるときに探索してみてもらいたい!

↑ページTOPへ